ソウノスケとサクシヤ達のハチャメチャ茶番ブログ!

作者が気ままに茶番をしていくブログです。二次造作とか苦手な人はブラウザバック参照です。

茶番ファイターズSP 3話

剣崎を解放したロックマン達は、基地に向かって進んでいた。その道中…ロックマン達の前に現れたのはまたしても見覚えのあるやつだった…!

f:id:obaketarou00:20190329191944p:image

サクシヤ「…ここから先は通さん…!」

 

ソウノスケ「ッ…サクシヤ…!…くるぞ!」

 

 

ファイターズバトル

VSサクシヤ

youtu.be

サクシヤのテーマ

 

サクシヤ「うおおおおおおおおおおおおお!」

 

剣崎「ウェイ!」

ロックマン「はぁっ!」

 

 

サクシヤ「ぎゃああああああああああああああああっ!」

 

 

 

 

 

 

 

剣崎「…ウェッ!?」

 

ロックマン「あれ…?勝った…」

 

 

ソウノスケ「(…あいつ…拳術使いで、剣とか銃とかにはめっぽう弱いからな…。)」

 

 

 

…一瞬で決着が付いた。

 

 

youtu.be

OP

 

 

 

f:id:obaketarou00:20190329204129p:image

サクシヤ「…おはようございます!」←寝ぼけてる。

 

 

f:id:obaketarou00:20190329191931j:image

ソウノスケ「…お、おはよう。」

 

 サクシヤ「ん…ソウノスケ…?…ってここどこ!?あれ家は!?俺ん家は!?」

 

ソウノスケ「サクシヤの家だったらキーラのせいで消えたぞ。」

 

サクシヤ「マジで!?」

 

ソウノスケ「マジで。」

 

ソウノスケはサクシヤに今起こっていることを詳しく話した…。

 

サクシヤ「…よし、大体分かった。とりあえずみんな救ってキーラぶっ潰す!そのあとみんなでラーメン食いに行こうぜ!」

 

ソウノスケ「お、おう…。」

 

剣崎「良かった…いつものサクシヤサンだ…。」

 

ロックマン「さて、じゃあ行きましょうか!」

 

こうして、サクシヤを仲間にしてしばらく進むと、キノコキャニオンみたいなところにでた。

ファイターがいる道は途切れていたが、道中に花を咲かせる力を持つスピリットを救出して、そのスピリットの力を借りて道を作り、その道を進んだ…。

 

剣崎「どうやらこの先にファイターが一人いるみたいですね…。」

 

ソウノスケ「だが…どこにいる?それらしいやつはどこにも…」

 

ロックマン「おや…?これは…」

 

 

f:id:obaketarou00:20190329202129p:image

???「んふ…」

 

サクシヤ「あれは…なめこ!?」

 

ソウノスケ「なんだサクシヤ、知り合いか?」

 

サクシヤ「ああ…前に一度だけあったことがあってだな…その時は霧雨魔理沙も一緒だったハズだけど…」

 

なめこ「んふっ…!」

 

サクシヤ「とにかく、やるしか無いみたいだな…!行くぞソウノスケ!」

 

ソウノスケ「ああ!」

 

 

 

ファイターズバトル

VSなめこ

 

youtu.be

なめこのテーマ

 

なめこ「んふーっ!」

 

サクシヤ「シャオラァッ!」

 

サクシヤはなめこにパンチした!…しかし!

 

ツルーン!

サクシヤ「何ぃーっ!?」

 

なめこはムチンたっぷりツルツルボディでサクシヤの拳をつるりと避け、サクシヤの背後に回り込んだ!

 

なめこ「んーっ!ふっー!」

 

なめこは仲間の岩なめこを召喚して、サクシヤの背中に投げつけた!

 

f:id:obaketarou00:20190329234118p:image

なめこ「ふんふっ…!」

 

ドカァッ…!

 

サクシヤ「ふぐぅっ!」

 

f:id:obaketarou00:20190329231257j:image

※画像はイメージです。

 

剣崎「サクシヤザン!クッ…!」

 

ツルゥゥゥゥゥン!

なめこは自身のムチンを利用して摩擦を減らし地面を滑るように高速移動し剣崎の前で止まった。

 

なめこ「んふっ!」

 

なめこは剣崎にトゲなめこを投げつけた!

f:id:obaketarou00:20190330001420j:image

トゲなめこ「んーふ…!」

トゲなめこのローリングトゲアタック!

ザシュザシュザシュ…!

 

剣崎「うわぁぁっ!?」

 

サクシヤ「剣崎!」

 

ツルゥゥゥゥゥゥン!

今度はソウノスケの前に止まった。

 

なめこ「んふっ!」

今度はソウノスケに激辛なめこを投げつけた!

 

f:id:obaketarou00:20190330011024j:image

激辛なめこ「んふんふんふんふんふんふーッ!」

 

激辛なめこはソウノスケの目に向かって激辛エキスを放った!

 

ソウノスケ「ぬぅおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!?」

 

ロックマン「ソウノスケさんッ…!」

 

ロックマン「奴を倒すには…無駄に滑らせずなめこを投げる前に打つ…それならば!」

 

ロックマンスピードギアッ!

ギュィィィィィィィィィン!

 

ツルゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン………

 

ロックマン「…そこだっ!ロックバスターッ!」

 

なめこ「…んh!?…」

 

ズドオオオオオオオオオオオン!

 

なめこ「んふーっ!…」

 

ロックマン「か、勝った…割と手強かった…。」

 

 

 

ソウノスケ「ようやく目の痛みが取れてきたか…。」

 

サクシヤ「背中痛ーッ…」

 

剣崎「けどこれでとりあえずなめこを解放できたな。」

 

なめこ「んふっ…!んふんふ…?」

 

剣崎「どうやら、目が覚めたみたいだな。」

 

なめこ「んふ!んふんふんふー?」

 

サクシヤ「けど相変わらず「んふんふ」としか喋らんから何言ってんのかわからんな…」

 

ロックマン「んふんふ…?んふんふんふ!」

 

剣崎「ェ!?ロックマン!?」

 

なめこ「んふ…?んふんふ!んふんふんふっ!」

 

サクシヤ「は…話が通じてる!?」

 

なめこ「んふ!んふんふんふ!んふんふっ!」

 

ロックマン「んふんふ!…どうやら彼が言うにはキーラに彼の師匠さんと彼をキーラから助けようとした"熱い人"が捕らえられているので、その人たちを助けるために協力してくれるらしいです!…後、僕は一応ヒト語以外にもなめ語も聞き取れます。」

 

ソウノスケ「(なめ語なんて言葉初めて聞いたぞ…。)」

 

サクシヤ「さて!頼もしい仲間がまた増えたし…よし、とりあえず基地の方へ行くとするか!」

 

 

f:id:obaketarou00:20190329231619j:image

 

続く…

 

 

◯茶番SPキャラ紹介!

 

55.索視谷 太郎(サクシヤ)

f:id:obaketarou00:20190329202403j:image

初期仲間加入キャラの中でも肉弾戦トップクラスだと思われるキャラ。

基本的にどの茶番シリーズにも必ず一度は登場するキャラで、一応サイ剣伝の主人公。

接近戦特化型のファイターだが、飛び道具や剣などの武器には弱い。

トモコレ島壊滅事件の関係者で、ソウノスケの親友であり良き理解者。

基本的にハイテンションだが、たまに人見知りになる。コミュ力と語彙力がすごい低い。

好物はラーメンまたは担々麺。ほどほどに辛い料理が好き。

 

 

40.なめこ

f:id:obaketarou00:20190329210512j:image

味噌汁の具。なめこの味噌汁うまいよね。

…それはともかく一時期大ブームになってたあのなめこ

岩とかトゲとか激辛とかいろいろな種類がいる。

ちなみにこの茶番のなめこの仕事は探偵助手ではない。どうやら探偵助手のなめことは別個体らしい。

本人曰く…いつの間にか幻想入りしており、今はとある魔法使いの元で弟子として働いているらしい。