ソウノスケとサクシヤ達のハチャメチャ茶番ブログ!

作者が気ままに茶番をしていくブログです。二次造作とか苦手な人はブラウザバック参照です。

茶番ファイターズSP 15話

ボート小屋へ向かうボンバー達はレースサーキットを後にし着実にボート小屋へと近づく…しかし、ボート小屋へと続く道でキーラの送り込んだファイター達に囲まれてしまった!

 

youtu.be

OP

 

f:id:obaketarou00:20190620223620j:image

カミーユ「ふふふ…S◯X!」f:id:obaketarou00:20190621211639j:image

ボンバー「バトル開始早々下ネタぶっこむのやめろやあああああああああああああああああああああああああ!!!」技:デデーンボム

f:id:obaketarou00:20190624000240j:image

\デデーン/

カミーユ「うわああああああああああっ!」

 

f:id:obaketarou00:20190621213453j:image

針妙丸「よくもカミーユを〜!!」
f:id:obaketarou00:20190621213450j:image

ブリジット「許しません…!」

 

ボンバー「…今度は子ども相手か…だがこれもお前らを助ける為だ!!多少遠慮はするがぶっ飛ばしてやるz…ん!?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

ボンバー「な、なんだ!?向こうからなんかきやがる…!?」

ゴォォォォォッ!

f:id:obaketarou00:20190621214744j:image

ボンバー「…なんだあのデカブツはあああああああああああああああああああ!?!?」

向かうから迫るものの正体はジェレミアの乗るジークフリートだった…!

f:id:obaketarou00:20190621214757j:image

ジェレミア「オハヨウゴザイマシタ…!」

ボンバー「また意☆味☆不☆明な奴が増えやがったあああああ!?!?」

ボンバーはジークフリートに向かって爆弾で攻撃するが、歯が立たなかった。

ボンバー「クッソ、残ってた大技のデデーンボムは使っちまったしもうロクなボムがねぇし腹が減って力がでねぇ。…そうか、ガンダマキシマムならアイツを倒せr…ってない!?湖の中に落としちまったのか!?」

ジェレミア「タイギノタメノギセイトナレ…!」

ジェレミアはボンバーに向かってジークフリートで攻撃しようとする…!

ボンバー「うおおおおおおおおおお!来たあああああああああああ…あ?」

しかし、そのジークフリートの攻撃はフェニーチェによって防がれた!

f:id:obaketarou00:20190622140306j:image

フェリーニ「大丈夫かボンバー!」

ボンバー「お、お前は…!」

針妙丸「敵が増えた!?でもあの爆弾野郎を倒すのは今がチャンス…うわっ!?」

ブリジット「針妙丸さん…!わぁっ!?」

針妙丸とブリジットの攻撃を阻止したのは、ルカリオバシャーモだった!

f:id:obaketarou00:20190622141629j:image

ルカリオ「あんたには助けられたからな。借りは返す…!」

f:id:obaketarou00:20190622140322j:image

バシャーモ「しばらく戦っていなかったからな。勘を取り戻すには丁度いい。」

ボンバー「お前ら起きとったんかワレェ!」

バシャーモ「ここは俺達に任せな…行くぞ…!」

針妙丸「お前を倒してやるー!」

針妙丸は弾幕を小槌で巨大化させて放つ!

ルカリオは苦戦しながらもこれを避けた!

ルカリオ「お前は確かあの筋肉サイヤ人野郎の弟子か…ならば波動を音撃に変えるまでだ…!」

f:id:obaketarou00:20190627180948j:image

ルカリオ「音撃射・疾風一閃!」

ルカリオは波動の力を音撃に変換することで強力な一撃を放つ!

針妙丸「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

 

ブリジット「うちの技をくらえ…!」

ブリジットはYOYOを放ちバシャーモに攻撃する!

バシャーモはYOYOの攻撃をかいくぐり、反撃に出た!

バシャーモ「確か前に戦った事があったな…お前の技は見切った…!」

 

アクセル!マキシマムフレアドライブ

バシャーモ「だぁぁぁぁっ!」

バシャーモの炎をアクセルの力で増幅させて放つ必殺の攻撃はブリジットに命中した!

ブリジット「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」

 

ジェレミア「ゼロオオオオオオオオオオオオオッ!(勘違い)」

ジェレミアはジークフリートフェリーニの乗るフェニーチェにもう攻撃を仕掛ける!

f:id:obaketarou00:20190627181044j:image

フェリーニ「…確かに奴の機体の方が性能は上か…だが、だからこそ負けられねぇ…行くぜ相棒…俺に着いて来いよ…!」

CLOCK UP

ジェレミア「!!?」

フェニーチェクロックアップによって高速移動し、ジークフリートの攻撃を全て回避し、ジークフリートに攻撃する!

フェリーニ「こいつでしまいだっ!」

フェニーチェは、ジークフリートの隙をつき、ビームレイピアで貫いた!

ジェレミア「オールハイルキーラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!」

ズドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!

 

ボンバー「なかなかやるやんお前らあああああああああああああああああああ!さぁて、お前らも倒れてるやつを運ぶの手伝ってくれ、ボート小屋へ行くぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

 

 

こうして、レースサーキットを後にしたボンバー達は、無事にボート小屋へとたどり着いた。 

 

ボート小屋

 

バシャーモ「…着いたか。」

ボンバー「あ"あ"あ"あ"疲"れ"た"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!」

チルノ「あ、やっと帰ってきた!」

ロックマン「おかえりなさい!おつかれ様ですボンバーさん!」

ボンバー「飯をく"れ"え"え"え"え"え"え"!!」

ロックマン「はい!ロッコさんと8ゴウさんが料理を作ってくれましたので是非食べて下さい!」

ボンバー「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!いただくぜええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!」

 

ボンバー達はソウノスケやソウジ達をベッドに寝かせると晩御飯を食べ、朝(?)までぐっすりと眠った。

ボンバー「光の世界は一日中明るいから昼なのか夜なのか分からねええええええええええええええええええ!」

それから(たぶん)翌日、朝早く(?)ボンバーは多くのファイター達を集め、次にどこへ向かうかの作戦会議を始める事にした。

ボンバー「これから会議をするぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

ロックマン「…で、次はどうするんですか?」

ボンバー「とりあえず俺はこのボート小屋の主のスピリットと湖の中に忘れ物を取りに行く。ソウジのベルトもあの湖に沈みっぱなしだからついでにとってくるぜぇぇぇぇ!ほかのやつらはどうするんだ?」

サクシヤ「俺はここで待ってるよ。ソウノスケが目覚めるまで見守ってたいんだ。」

チルノ「あたいもそうする!」

バシャーモ「俺もだ。」

ボンバー「わかったぜえええええええ!」

ナルホド「じゃあ僕たちは右側の橋がかかってた方に行きますね。」

8ゴウ「ワタシモソチラニ同行シマス…!」

城之内「じゃあ俺もそっちにいくかな…!カミーユもくるだろ…?」

カミーユ「S◯X!(同意)」

カズミン「…じゃあ、俺もそっち側についてくかな…!」

ジェレミア「サワタリ カズミ…貴方も既に救出されていたのですね。」

カズミン「ああ。パラガスってやつらが助けてくれたんだ。また一緒に戦おうぜ…!」

ロックマン「では、僕たちは雪山の奥にある、あの遺跡に向かいます!

橘「ああ、行こうロックマン!」

パラガス 「いいぞぉ!」

なめこ「んっふー!」

真司「あ、ちょっと待ってくれよ、俺も行くって!」

ロッコ「では、私や針妙丸さん、プーチンさんはここでまってますね!」

針妙丸「では、頑張ってねみんな!」

 

ボンバー「じゃあ行ってくるぜええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!」

 

サクシヤ「…パラガス達から話は聞いたぜ。どうやらお前は別の未来からやってきた俺の孫なんだってなぁ…。最初聞いた時はびっくりしたよ。まぁ、ソウノスケが目覚めるまでちょっと話をしたいのだが、いいか?」

リンタロー「はい、若い日のおじいちゃん…!」

サクシヤ「おじいちゃん…ねぇ。なんか不思議な気分だが…まぁいっか…!」

 

f:id:obaketarou00:20190619160516j:image

f:id:obaketarou00:20190621183717j:image

続く…!

次回、天空遺跡攻略!

 

◯茶番SPキャラ紹介!

今回はキャラが多すぎるのでまた少しずつ公開します。

番外編に登場するキャラもここで紹介します。

 

サクシヤ リンタロウ(未来)

未来のサクシヤ の孫で特異点と呼ばれる特殊な存在

世界の破滅を防ぎ、自分のいた"破滅の未来"を書き換える為にタイムマシンを手に入れて過去に向かい、修造らと共に未来を変えた。

その為、恩返しのため何度か未来からヒマジンズやその宿主を助ける為に現在に来ている。

現在はデンライナーとその中にいた相棒のヒマジンを同じく未来からやってきたメカサクシヤの手から救う為にやってきた。

サクシヤ同じく明るく無鉄砲で不器用だが運動神経や反射神経はめちゃくちゃよく、サクシヤから継承した武術と、様々な時代で極めた剣術などを組み合わせて戦う。

瞬発力や反射神経などが飛び抜けて良く、高速移動や分身などを利用した戦術も得意とする。

 

城戸 真司/仮面ライダー龍騎

OREジャーナルの記者でライダーバトルに参加する仮面ライダーの1人。ライダー同士の戦いを止める為、ミラーモンスターから人を守る為に戦っている。

 

フェリーニ ライダーフォーム

射撃強化型のフェリーニのキャストオフした姿。

というかお前いつキャストオフしたし。