ソウノスケとサクシヤ達のハチャメチャ茶番ブログ!

作者が気ままに茶番をしていくブログです。二次造作とか苦手な人はブラウザバック参照です。

ビン太ネタ茶番詰め合わせ #1

f:id:obaketarou00:20200518210149j:image

ビン太「ボマンドー第2話、絶賛制作中らしいビン!完成がいつになるかは分からないビンがその間にちょっといろんなネタ茶番の詰め合わせをやるビン!!」

 

 

○[その1]ビン太が士官学校でナンパしたら

f:id:obaketarou00:20200518175050j:image

 

[ガルグ=大修道院士官学校

 

f:id:obaketarou00:20200518213913j:image

ビン太「おっす、ビン太だビン。前回はベレトとかいう先生を倒して学校支配しようとしたビンがそう上手くはいかなかったビン。

という訳で今回は学校の主な女共にナンパしておいらの物にして、少しずつビン太勢力を増やしてから学校を支配してやるビンwwwwwwww」

 

f:id:obaketarou00:20200518214721j:image

ビン太「それじゃあ早速ミッションスタートだビン!!!」

 

こうしてビン太のナンパ大作戦が始まった…

 

【ナンパ その1】

ビン太「へい!そこの白髪の子供!!おいらの物になれビン!!」←ビン太、渾身のナンパw

 

f:id:obaketarou00:20200518225726j:image

白髪の子「すみませんがわたし、あんたに付き合っていられる程ヒマじゃないんです。…あと子供扱いしないでください。」

f:id:obaketarou00:20200518230909j:image

ビン太「ビィィィィィィィィィィィン!!」←なんか心が折れたw

 

【ナンパ その2】

ビン太「おい引きこもり!ドア越しでいいからおいらの物になれビン!!」←かなり無理のあるナンパw

f:id:obaketarou00:20200518223154j:image

引きこもり「ちょ、だ、誰だかわかりませんがベルはここで引きこもっていたいんです!頼むからベルを一人にしてくださいいいいいいいいいいいいい!」

 

f:id:obaketarou00:20200522194423p:image

ビン太「ビィィィィィィィィ(ry」←無理があるけど何故か吹き飛んだw

 

 

【ナンパ その3】

ビン太「おまえ、確かナントカ帝国の次期皇帝になると噂されてる人ビンな!!その帝国もおまえも全部おいらの物にしてやるビンwwwww」←ナンパというよりもはや脅迫に近い何かw

 

f:id:obaketarou00:20200522180749j:image

なんか凄そうな赤いマントの人「…よく分からないけど、不敬な輩ね。とりあえず叩き潰してあげるわ。」

f:id:obaketarou00:20200522194437j:image

ビン太「ビィィィ(ry」←叩き潰されたw

 

f:id:obaketarou00:20200522184654j:image

赤い人の側近っぽい老け顔「エーデルガルト様をナンパするとは愚かですな…」

 

f:id:obaketarou00:20200522151507j:image

ベレト「(さっきから何やってるんだろう、あの子…)」

 

こうして、ビン太はことごとくナンパに失敗したのであった…((

またやる機会があったら続きをやるかもしれない((

 

○[その2]ビン太がミリカと再会したら

 

[茶番世界 本土]

 

f:id:obaketarou00:20200518202906j:image

ビン太「久しぶりにいつもの茶番ワールド本土に帰国したビン!フォドラの方でうまくいかなかった分、こっちでじゃんじゃんナンパして、より多くの女共をおいらの物にしてやるビンwwwww」←全く懲りてない((

 

がやがや…

ざわ…ざわ…

 

f:id:obaketarou00:20200518202812j:image

ビン太「…と思ったビンがちょっと騒がしいビンね…あの屋敷、だいぶ前に下着を盗みにいった屋敷ビンか…?入り口が壊れてるビン。何か事件でもあったビンか…?」

 

ビン太が屋敷の前に行くとどこかで見覚えのある金髪の女性が話していた…

 

ビン太「お、お前は…!」

 

f:id:obaketarou00:20200518233546p:image

ミリカ「…あ!あんたいつぞやの!私に絡んできてボンバーに吹っ飛ばされた子じゃないっ!」

 

ビン太「ボンバーが彼女って言ってた女じゃねーかビン!!

…ちょっと聞きたいことがあるビン!」

 

ミリカ「か、彼女って…あ、でその聞きたいことって?私今屋敷の瓦礫掃除で忙しんだけど…」

 

美黒「誰かと思えば以前お嬢様の留守に下着を盗もうとした首なし野郎じゃないですか。それに以前にお嬢様にナンパもしたとか…そんな方がお嬢様になんの様ですかぶっ殺しますよ?」

 

ミリカ「ごめん美黒、ちょっとこの子の話したいの。」

 

美黒「わかりました。しかしお嬢様に変な事しようとしたらすぐに切り捨てますよ?」

 

ビン太「わかったビン!…率直に聞きたいビンが…ぶっちゃけボンバーの事どう思ってるビン?好きビンか?」

 

ミリカ「…は、はぁ!?なに聞いてんの!?

バッ…べ、別にどうとも思ってないわよ…わ、私がボンバーの事好きな訳ッ…ボンバーが私の事どう思ってるかは分からないけど…」

 

ビン太「(見てたらわかるビン…こいつ、隠確実にボンバーに惚れてるビン…。)」

 

ビン太「やっぱ惚れてるビンな…そもそもあんな見境なくいろんな人を巻き込んで爆撃する奴にホレてるなんてお前は頭がおかしいビン!!」

 

美黒「確かにボンバーはイカレクソ脳なしサイコ野郎なのは認めますがお嬢様に対して頭おかしい発言は余計です。真っ二つに叩っ斬りますよ???」

 

ミリカ「ほ、惚れてないわよ…!それにボンバーは悪い人じゃない…う、うん。んまぁ…ボンバーの過去を知らないからそういう風な事が言えるのよ…!」

 

ビン太「…な、なんかあの爆弾魔のボンバーなんかにマトモ(?)な彼女がいるってだけでムカついてくるビン…!…お、大人しくおいらの女になれビンンンンンンンンンンンンンンンッ!!」

ビン太は怒りでミリカに襲い掛かった!!!

 

ミリカ「…!!」

 

f:id:obaketarou00:20200520175709j:image

美黒「お嬢様を傷つけるものは…たとえ雑魚であろうと全力で処刑いたします。」

 

f:id:obaketarou00:20200519140324j:image

ネギガナイト「あの時は賊の侵入を許し負傷ましたが、今はお嬢様の為、この吾輩、お嬢様の為なら命をも惜しみなく捧げますぞ!」

タイレーツ「ロイヤルガードの意地をみせるんだー!!!ミリカさまをまもれーー!!!」

 

f:id:obaketarou00:20200519171244j:image

ビン太「ビィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィンッ!!!」←お嬢様を守る者達に畳み掛けられたw

 

 

○ビン太がボンバーに戦いを挑んだら

f:id:obaketarou00:20200520201750j:image

 

上の茶番から数時間後…

 

ビン太「あの"リア充はみんな爆発じゃあああああああああ!!"とかいって町中のリア充爆撃してそうなボンバーが彼女持ちだなんて…しかもあんなお金持ちの子が彼女なんてガチで納得がいかないビン…なんだかまたムカついてきたビン。…ボンバーの野郎をボコボコにしたい気分だビン!!」

 

ズドドドドド…

ビン太「ん?誰かこっちに凄い勢いでこっちに向かってきてる気がするビン…あ、あれは…!」

 

前方から物凄い勢いで向かってきているのは、ボンバーだった…!

 

ビン太「あ、ボンバーだビン…

 

 

…ん?ボンバー…?

 

 

…み、み…

 

f:id:obaketarou00:20200518211918j:image

見つけたビン!ボンバァァァァァッ!!!なんかすげぇムカつくからおいらと戦うビンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンッ!!!!」

 

f:id:obaketarou00:20200519135145j:image

ボンバー「うるせええええええええええええええええええええ!!

俺は今クッソ忙しいんじゃあああああああああ!TPO考えろボケエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエッ!!!!」

 

 

 

 

f:id:obaketarou00:20200518211938j:image

f:id:obaketarou00:20200518215039j:image

ビン太「ビィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン!!!」

↑思いっきりぶっ飛ばされたw

 

 

…数分後…

 

 

ビン太「…いててて…派手にぶっ飛ばされちまったビン…ボンバーも行っちまったし、怒りもぶっ飛ばされたときにどっかにすっとんじゃったし…もう帰るかビン…。」

 

f:id:obaketarou00:20200518154840p:image

不良?「おい、ちょっとまったぁ…テメェ…なにやらかしたか分かったんだろうなァァ…?」

 

ビン太「…ハァ???知らないビンよてか誰ビン?wおいらはしばらく吹っ飛ばされて寝てただけだビンよwwwwwてかお前だれビンwww」

 

不良?「とぼけんじゃねぇ!!俺たちはここでたむろってたんだ、そしたらてめぇが飛んできて俺様の大事なバイクを傷つけたんだろうがぁ!」

 

ビン太「おいらは多分やってねぇビン!そもそももしおいらがてめぇのバイクを傷つけても、それはおいらをここにぶっ飛ばしたボンバーってやつのせいビン!wwwそもそもおいらがてめぇのバイクを傷つけたって言ってるビンが…その証拠のバイクとやらを見せてもらおうかビン!!」

 

不良?「おうよ、そんだけ言うなら、見せてやろうじゃねぇか…!!」

そう言うと、不良?はどういう訳か自分の右腕を見せた。

その右腕には、ビン太のヘルメットがぶつかったのか、ほんのすこし凹みが出来ていた。

 

ビン太「はぁ?お前何やってんだビン?バイクなんてそんなもんどこにもねーじゃねーかビン!!自分の凹んだ腕を見せつけて何をやってるかわからねぇビンwwwww」

 

不良?「……てめぇ…本気で俺様を…俺たち走り屋一族を…漢の夢を馬鹿にしやがったな…」

 

ビン太「??なんでそんなキレてるビン?バイク傷つけたとか嘘ついておいらをとめやがって、キレてぇのはおいらの方だっていうビンのによぉwww」

 

不良の子分「お、おい、嘘だろ…お前…アニキを怒らせるなんて…!どうなってもしらないぞ…!」

 

f:id:obaketarou00:20200520224847j:image

不良?「いっぺん…くたばりやがれえええええええええええええッ!!!」技:ハイドロポンプ!!

f:id:obaketarou00:20200521224706j:image

f:id:obaketarou00:20200520223033j:image

ビン太「ビィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン!!」←どういう訳か不良の逆鱗に触れ、その後もボコボコにされたw

 

 

不良?「…とりあえず落ち着いたが…コイツをぶっ飛ばしたヤツはボンバーって野郎なんだな…位置的にまだ遠くには行ってなさそうだな…悪りィなみんな、昼間だがちとカッ飛ばしてくるぁ!」

 

f:id:obaketarou00:20200519144703p:image

不良の子分「へ、ヘイ!気をつけて!アニキィ!!」

 

不良?は自分の左手にしがみつくと、凄まじいエンジン音がどこからともなく響き、もの凄い勢いでボンバーの元へとすっ飛ばしていった…。

 

不良?「待ってろよボンバーとかいうの…俺の魂を愚弄した罪を…その身にたっぷりと刻み込んでやるぜぇ…!!」

 

 

ここだけの話、割と時間なくてネタ茶番作るのに6日もかかっちまった((

ボマンドー本編は作ってるけど公開いつになるのやら…

 

〜おまけ〜

 

f:id:obaketarou00:20200522195803j:image

茶番に新たな敵、現る…?